フッフッフ、2011年モデルは違うんですよ、大きくね。。。

いよいよ本格的にシーズン到来となり、各地のお取扱店様にせっせと送り出しているこのごろですが、一部のお客様から、「今年のRainbow、デカくないですか???」とシャープな突込みを頂いております。

そうなんです、2011年モデルから26インチのメンズフレームを一新し、新しいデザインになっているんです。フレームから出てくる雰囲気はこれまでの通りなんですが、実は完全に新しくしています。

今回、特に変えたのはトップチューブ長、つまりサドルからハンドルの付け根までの距離の変更とハンドルバーのデザインの見直し、それに伴ってトップチューブのアールなどに特徴が現れています。


9898


写真をご覧頂くと分かりやすいと思います。上が旧タイプフレーム、下が新タイプです。カラー変更をしていないので、現車を一台見ただけでは分からないのですが、かなり変更されていることがこの写真から見て取れると思います。
今回のモデルチェンジで、さらにゆったりとした乗り味を得ることが出来ました。街で見かけるユーザーさんの姿も、新型に乗られている方は今まで以上にゆるりとしています。これはハンドルまでの距離を遠くしたことによって脇に空間が生まれ、かなり身長の高い方でもハンドルをカチ上げたりすることなく、自然なポジションを得られるからなのです。フレームの変更のみならず、ハンドルバー自体も特注品のオリジナルに変更しました。新型のハンドルバーは全体にゆったりとした幅を確保しながらプルバック値を少なく設定しています。

9876r

写真はバットボーイ兇離魯鵐疋襯弌爾任后このアングルで見るとこのハンドルバーの持つ雰囲気がお分かりいただけると思います。破綻なくカーブさせているところもヌメッとしていてグッドですね。

冒頭のご連絡を頂いた販売店の方は「いつも置いているスペースに、いつものようにおさまらない。???」ということから気付かれたそうです。
2011年モデルのRainbow 26メンズモデルは、なんと全長196cm!! でかいです。まあ、変わった自転車を作ろうと思って大きくなったのではなくて、乗りやすさと美しさを追求してこの数値になったと思っています。ぜひ皆様も店頭で新フレームを実感していただきたいと思います。


J / Rainbow