2012年の真打ち登場! PCH101 29er Rainbow!!

全国のクルーザーファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか。うららかな日々が続いております、まったり感たっぷりです。夏と言うにはまだ早い今の季節は、まったりとクルーザーで近所を散歩にぴったりなシーズンです。

さて、今回は待ちに待った今期の本命モデルをご紹介です。

昨年3月に開発を開始して早一年と三ヶ月。いよいよ皆様にご紹介できます。29erです。

まずは写真でご覧ください。




29er、トゥエンティーナイナーと読みます。読んで字のごとく「29のヤツ」ということなんですが、最近、MTBのほうでは大流行し、あっちの世界では上級のモデルはみんなこれになってしまったようですね。
もちろん「29」とはタイヤサイズを指します。つまりこいつは29インチのタイヤを履いているんですね。タイヤが大きくなると、何か良いことがあるのでしょうか。あるんですね、これが。



最も効果が出るのは走破性です。輪径が大きいと地面との接地面付近がよりフラットで直線に近くなります。これがミソですね。つまり、段差を乗り上げたりする時によりスムーズに動くことになります。
同時に路面の小さなギャップを拾いにくくなるのです。この特性ゆえ、マウンテンバイクでは走行時に有利な点が多く、一世を風靡しております。



この特性はクルーザーにもマッチするものではないか、と開発を開始したのです。
結果、私共の予想通り、いや予想以上に29インチタイヤはクルーザーにマッチしてます。輪径が大きく転がり抵抗が少ないため、乗り味はまさに「スムーズ」の一言がぴったり。ひとこぎでスーッと伸びて行く感じは今までのクルーザーにはないものです。

そして、この大きなタイヤが醸し出す独特の雰囲気はすごいです。圧倒的にでかい。

弊社のもっともスタンダードな26インチと比べると良く分かります。



写真で見ると分かりやすいですね、でかいです。でかいですが、シートチューブの長さを短くし最低シート高を低くできるよう設定しています。写真で見ると、26インチよりも29erのほうが、より車輪とのあいだにサドルが入り込むようになっているのが分かります。
なにせ半径で4cmくらい大きくなるので、その分シート高が高くなってしまいます。それを抑えるため、色々デザインに工夫を加えています。結果、PCH101 29erは身長170cmの自分が乗っても普通に両足がぺたっとつきます。


さて、29erの開発において、もうひとつ大きなチャレンジをしました。写真でご覧ください。



クロームメッキとブラックのツートーンです。名前はストレートに「Chromeクローム」としました。これが、とにかくかっこよいです、最高です。



嗚呼なんて素敵なんだ。。。

「クロームメッキとブラックのツートーン、これをブラックのコンポーネントで纏め上げる」、かつて誰も見たことのない自転車です。これが、こんなにもかっこよいんです。



このChromeについて、とことん色々語りたいです。しかし、語っていると文字ばっかりで終わってしまうので次回に譲ることにします。

PCH101 29erはすでに出荷が始まっております。ぜひぜひ店頭で見てください。最高ですよ。



興奮のあまり、価格を入れるのを忘れていました。

29er Black は29400円
Chromeは31500円
です。


Rainbow / J