怒涛の勢い!! ファットバイクBornx4.0バージョンアップしました!!!

 

全国のクルーザーファンの皆様いかがお過ごしでしょうか。ようやく涼しくなり、のんびりとクルーザーでお散歩なんて気持ちの良い季節になりました。

さて、相変わらず怒涛の人気を誇るBronx4.0ですが、いきなりバージョンアップを図りました。




マイナーチェンジに抵抗はありましたが、「現時点での最高の一台」であることがRainbowの自転車に課せられた使命であるとの自負のもと、Bronxのバージョンアップを図りました。

まず、ビジュアル面から、カラーのバリエーションを増やしました。前回のブラックとグレーは生き残り、追加でライムとスレートが仲間入りしました。また、ハンドルバーをカラー化しスポーツ車らしさをさらに強調しました。スレートのみCPとし、カスタム感を出しています。



スペックではステムをアヘッドに変更しました。これで様々なオプションの選択が可能になります。アヘッドのステムは各社からサイズ、形状、材質と色々出ていますので、お好みで選んでください。
ヘッドの変更に伴い、ハンドルバーも変更しました。よりフラットに近く、幅も680mmと広いです。エンドのストレート部分が十分にあるデザインのものを選びましたので、体型や好みに合わせてカットしてください。



もうひとつ大きな変更は、フレームのジオメトリーを見直しました。より踏みやすく、障害物などを乗り越える際に加重の移動がスムーズに行われるジオメトリーを検討しました。



Bronx4.0はシングルスピードですから、ジオメトリー次第でポテンシャルが大きく変化します。同じシングルスピードでも、トラックレーサーなど研究され尽くされているジャンルと違い、ファットバイクは、まだまだ未完成領域が多いのです。私共でも試行錯誤が続きました。
完成したV1.2フレームは、非常に完成度が高く、満足のいく出来栄えです。現時点、最高の一台に仕上がっています。



Bronx4.0でどう遊ぶか? ここからは皆さんの出番です。ファットバイクはタイヤ自体にクッション性があるため、サスペンション要らずのダウンヒルマシンにもなります。北国ではまもなく雪の知らせもありそうですね。スノーライディングも楽しみの一つです。意外かもしれませんが、ファットバイクと言えどしっかり空気圧をチェックしていれば街乗りも難なくこなします。


まずは、店頭へ行って、Bronx4.0を感じてください。これが新しい自転車の潮流であることを感じていただけると思います。


Rainbow / J