行くぜ第2弾! T Street 24!! セミファットバイクの魅力。

あれよあれよという間に今年もあと残すところ2か月。ここ湘南も、すっかり秋が深まってまいりました。
すっかり時間がたってしまいましたが、前回ご紹介したT Street700はおかげさまですこぶる評判が良く、全国のお取扱店様からお取り扱いをいただけるようになりました。
そして、今回ご紹介するのは、T Street シリーズ第2弾T Street24です!
まずは写真をご覧ください。
T Streetのコンセプト「ストリートワイズでかっこよく、よく走る自転車」を煮詰めて、24x3.0のセミファットタイヤを履いたBMXに辿り着きました。
実をいうとこの自転車、自分がこの3年間ほど乗っているものなんですね。そもそも、3G Bikesの24x3.45 HoggyGを装着したBMXを企画していたんです、3-4年前に。サンプルの製作まで行ったのですが、Bronx4.0が先にデビューしてしまい、「いまさら3.45は売れないよね…」とボツになったのでした。ちょうどその時、自分の乗っていたクルーザーがオシャカになったので、「これでいいや」と乗り始めたのです。

 
乗ってみると、これが良い自転車なんです、ほんとに。
まず、速いんです、シングルなのに。ひと漕ぎでスーッと行きます。これは、ジオメトリーが大きく関係しています。さらにハブ周りを良いもので固めて、タイヤの転がり抵抗が少ないと、こんなにも軽く走る自転車が出来上がるのです。
さらに24x3.0タイヤと2.5インチリムの組み合わせは絶妙です。空気圧を適正に保っていれば、驚くほど転がり抵抗が少ないです。しかし「セミファット」と呼べるだけのボリュームもありますから、悪路の走破性も驚くほど高いんです。特に海岸で砂の浮いた路面などでは、圧倒的に高い走破性を見せてくれます。皆さんが「よいしょ」と自転車を押しているシーンで、涼しい顔してこいで行けちゃうことが多い!

 
レーシングBMXをフレームのベースにしているのも一役買います。スポーツパイクならではの軽快な動きと、飛んでも壊れない頑丈さを合わせ持つレーシングBMXの血統は、自転車で遊びたい気持ちを盛り上げてくれます。さらに、オールドスクールBMXへのオマージュとしてループテールを採用しています。

 
うーむ、かっこいい。T Streetシリーズの真骨頂「カッコ良く、しかも速い」、一つの答えがここにある感じです。セミファットタイヤは、一般の自転車と比べるとタイヤボリュームがハンパないですね。実に筋肉質、マッチョなルックスを得ています。

気になるT Street24の価格は、
28000円(本州域内、税別)です。
もう言うことは無いですね。ちなみに黒タイヤも用意しました。販売店様にご相談ください。
Rainbow/J

いよいよ発表、新シリーズT Street。第一弾は700ピスト!

ようやく西の方から梅雨明けの声が聞こえ始めましたが、ここ湘南は相変わらずはっきりしない天気が続いております。

 

そんな梅雨気分を吹き飛ばすべく、新型自転車が入荷しました。T Streetから700sデビューです。

 

クルーザーに始まり、アメリカンバイクを展開するRainbowブランドに、もっとストリートワイズな、シンプルで尖った自転車を構成する新シリーズとしてT Streetの構想は生まれました。

LAやNYなどの大都市圏で根強いストリートなカルチャーを色濃く反映した自転車を日本に紹介していこう、というのがT Streetシリーズの使命です。

 

 

第一弾に選んだのは700のピストバイク。日本でも何年か前にブームがあり、一世を風靡しましたよね。アメリカでもブームは去りましたが、しっかりカルチャーとして根付いています。ストリートカルチャー色が濃い目の若い子たちが使っています。各ブランドも本気で、700ピストバイクは定番ともいえる不動の地位を築いています。

なぜか日本ではLeaderやFujiなど一部のアメリカンブランドを除いて、すっかり落ち着いてしまった感があります。

 


しかし最近、まわりの20代の若い子たちから「ピストバイク、やんないんですか?」と聞かれることが多くなってきました。聞けば「やっぱシンプルでかっこいい」、「でも高いのは買えない」との答え。

そういう事ならまかしてよ、ってな勢いで開発を始めました。完成した自転車をご覧ください。

 

 

 

全て、この世界の自転車の基本を守って作りました。しかし、タイヤは700x28cを選択しました。基本は23cだと思いますが、23cは扱いにくく、車の代わりに自転車でどこにでも行ってしまう用途には向かないと思います、すぐパンクしちゃいますから。同様にスリックタイヤもNGとしました。濡れた路面のマンホールを踏んだことがあったら、絶対に同意してくれますね、ここ。

 


コンポーネンツには良い部品を奢りました。もちろんシンプルなカッコよさをスポイルしなしことを条件に。
ですから、クランク、ハブ、シートポストなどはアルミ製で固めています。軽くって悪いことは何もないですから。
この自転車は、あくまでカスタムのベースです。買われた方が好みでカスタムするであろう部品が多いのもこの手の自転車の特徴であると考えています。開発時点から、
「えー、そこは交換しちゃうよねー」という声があちこちから上がって来てました。でもみんな違うのね、こだわるポイントが。

 

 


カラーは、シンプルなマットブラックが一色、グロスホワイトにブラックのフロントフォークでもう一色と2色からお選びいただけます。どちらもホリゾンタルなフレームの造形美を堪能できるカラーです。お気に入りのバンドのステッカーを張るも良し、ハンバーガー屋のカードを挟んでもクールですね。

 

 


気になるT Street 700sの価格は、なんと!
 

28000円!!! (税抜、本州)

 

新しい自転車で灼熱の街を駆け抜けろ!


Rainbow/ J

 

はい、真打登場です。Rainbowブランドから、Greaseデビュー!!

最近はもう、あっちにもこっちにも書き込みに追われていまして
個々のアップデートはとってもご無沙汰になってマス。

 

さて本題。タイトルの通り完全新型のクルーザーをリリースしました。まずは百聞は一見にしかず、写真をご覧ください。

 

 

Rainbowブランドからリリースする新型車としては久しぶりなので気合が入りました。しかし、時間をかけて作った自信作です。

ポリッシュのモデルが存在することからもわかる通り、アルミフレームです。自分の知る限り「アルミフレームのファットクルーザー」と言うのは世界初ではないでしょうか。

 


アルミフレームにこだわった理由ですが、1.軽量化、2.タイヤに負けないフレームの存在感、この2点に尽きますね。

 

1の軽量化についてですが、完成車で計測したところ、PCH101シリーズのメンズ7Dとほぼ同等の重量に収まっています。重くなりがちなファットバイクを気軽にコロがせる、ここ大事ですね。

 

2もクルーザーの開発ポイントしてはとても大切なことです。Rainbowの自転車は全体に細めのパイプを組んでフレームを構成しています。これは単純に好みの問題でもありますが、細くて美しいフレームワークがクラシカルな印象を生み出す、自転車の魅力の一つだと考えています。
しかし、マッシブな自転車のかっこよさもあるわけで、HBBCのSkull+Boneなどが良い例ですが、武骨なクルーザーの良さも我々としてはしっかり理解しているつもりであります。今回、Rainbowブランドから出すファットクルーザーを企画するにあたって、ファットバイクならではのマッシブなタイヤがフレームといかにマッチングさせるかということもテーマの一つでありました。
結果、アルミフレームにしたおかげで細部まで骨太な存在感を演出でき、またとない自転車に仕上がっています。

 

 

チャンスのある方には、是非またがって実感して頂きたいのですが、なんともしっくりくるんですね、これが。またがって、ハンドルを握った瞬間に「あー、漕ぎてぇ」と真剣に感じますよ。

 

 

Greaseについて、まだまだ語りたいことはヤマほどありますが、今回はこれくらいにしておきます。

 


そうそう、Greaseの価格ですけど、

 

ブラック/63000円
ポリッシュ/66000円
いずれも本州、税別

 

です。

 

J / Rainbow