いよいよ発表、新シリーズT Street。第一弾は700ピスト!

ようやく西の方から梅雨明けの声が聞こえ始めましたが、ここ湘南は相変わらずはっきりしない天気が続いております。

 

そんな梅雨気分を吹き飛ばすべく、新型自転車が入荷しました。T Streetから700sデビューです。

 

クルーザーに始まり、アメリカンバイクを展開するRainbowブランドに、もっとストリートワイズな、シンプルで尖った自転車を構成する新シリーズとしてT Streetの構想は生まれました。

LAやNYなどの大都市圏で根強いストリートなカルチャーを色濃く反映した自転車を日本に紹介していこう、というのがT Streetシリーズの使命です。

 

 

第一弾に選んだのは700のピストバイク。日本でも何年か前にブームがあり、一世を風靡しましたよね。アメリカでもブームは去りましたが、しっかりカルチャーとして根付いています。ストリートカルチャー色が濃い目の若い子たちが使っています。各ブランドも本気で、700ピストバイクは定番ともいえる不動の地位を築いています。

なぜか日本ではLeaderやFujiなど一部のアメリカンブランドを除いて、すっかり落ち着いてしまった感があります。

 


しかし最近、まわりの20代の若い子たちから「ピストバイク、やんないんですか?」と聞かれることが多くなってきました。聞けば「やっぱシンプルでかっこいい」、「でも高いのは買えない」との答え。

そういう事ならまかしてよ、ってな勢いで開発を始めました。完成した自転車をご覧ください。

 

 

 

全て、この世界の自転車の基本を守って作りました。しかし、タイヤは700x28cを選択しました。基本は23cだと思いますが、23cは扱いにくく、車の代わりに自転車でどこにでも行ってしまう用途には向かないと思います、すぐパンクしちゃいますから。同様にスリックタイヤもNGとしました。濡れた路面のマンホールを踏んだことがあったら、絶対に同意してくれますね、ここ。

 


コンポーネンツには良い部品を奢りました。もちろんシンプルなカッコよさをスポイルしなしことを条件に。
ですから、クランク、ハブ、シートポストなどはアルミ製で固めています。軽くって悪いことは何もないですから。
この自転車は、あくまでカスタムのベースです。買われた方が好みでカスタムするであろう部品が多いのもこの手の自転車の特徴であると考えています。開発時点から、
「えー、そこは交換しちゃうよねー」という声があちこちから上がって来てました。でもみんな違うのね、こだわるポイントが。

 

 


カラーは、シンプルなマットブラックが一色、グロスホワイトにブラックのフロントフォークでもう一色と2色からお選びいただけます。どちらもホリゾンタルなフレームの造形美を堪能できるカラーです。お気に入りのバンドのステッカーを張るも良し、ハンバーガー屋のカードを挟んでもクールですね。

 

 


気になるT Street 700sの価格は、なんと!
 

28000円!!! (税抜、本州)

 

新しい自転車で灼熱の街を駆け抜けろ!


Rainbow/ J

 

はい、真打登場です。Rainbowブランドから、Greaseデビュー!!

最近はもう、あっちにもこっちにも書き込みに追われていまして
個々のアップデートはとってもご無沙汰になってマス。

 

さて本題。タイトルの通り完全新型のクルーザーをリリースしました。まずは百聞は一見にしかず、写真をご覧ください。

 

 

Rainbowブランドからリリースする新型車としては久しぶりなので気合が入りました。しかし、時間をかけて作った自信作です。

ポリッシュのモデルが存在することからもわかる通り、アルミフレームです。自分の知る限り「アルミフレームのファットクルーザー」と言うのは世界初ではないでしょうか。

 


アルミフレームにこだわった理由ですが、1.軽量化、2.タイヤに負けないフレームの存在感、この2点に尽きますね。

 

1の軽量化についてですが、完成車で計測したところ、PCH101シリーズのメンズ7Dとほぼ同等の重量に収まっています。重くなりがちなファットバイクを気軽にコロがせる、ここ大事ですね。

 

2もクルーザーの開発ポイントしてはとても大切なことです。Rainbowの自転車は全体に細めのパイプを組んでフレームを構成しています。これは単純に好みの問題でもありますが、細くて美しいフレームワークがクラシカルな印象を生み出す、自転車の魅力の一つだと考えています。
しかし、マッシブな自転車のかっこよさもあるわけで、HBBCのSkull+Boneなどが良い例ですが、武骨なクルーザーの良さも我々としてはしっかり理解しているつもりであります。今回、Rainbowブランドから出すファットクルーザーを企画するにあたって、ファットバイクならではのマッシブなタイヤがフレームといかにマッチングさせるかということもテーマの一つでありました。
結果、アルミフレームにしたおかげで細部まで骨太な存在感を演出でき、またとない自転車に仕上がっています。

 

 

チャンスのある方には、是非またがって実感して頂きたいのですが、なんともしっくりくるんですね、これが。またがって、ハンドルを握った瞬間に「あー、漕ぎてぇ」と真剣に感じますよ。

 

 

Greaseについて、まだまだ語りたいことはヤマほどありますが、今回はこれくらいにしておきます。

 


そうそう、Greaseの価格ですけど、

 

ブラック/63000円
ポリッシュ/66000円
いずれも本州、税別

 

です。

 

J / Rainbow

どんどん進化する! クルーザー・トレンドの最先端へ!!

Bronx騒動に押されて、クルーザーのほうは静かでナギになっちゃってるように思われますが、そんなことはありません。
ちょっと前の話になりますが、タイヤサイズを変更しました。以前は26x2.125というクルーザーとしては標準的なタイヤを使用していましたが、現在は26x2.50というかなり太いタイヤにスペックアップしています。



これに伴い、リム幅も1.75から2.0に変更しています。さらに前ブレーキがつかなくなってしまったので、いっそのこととTektro製のデュアルピボット・キャリパーに変更しています。



ここまでやると、当然フレームが合わなくなってしまったので、タイヤサイズに合わせてフレームとフロントフォークをモディファイしました。

基本のジオメトリーはいじっていないので、横から見てもわからないレベルと思います。しかし、ボリュームアップしたタイヤで走りは激変しました。
新しく採用したBaloon Slickyはサイズとは裏腹な転がり抵抗の少なさで、めちゃくちゃ軽く走ります。タイヤのボリュームが上がったことで、タイヤの外径が若干大きくなったことも寄与していると思います。




そして何より、2.50のぶっといタイヤはクルーザーをかっこよくします。80mmのフェンダーともマッチングが良く、ブリッとした存在感は他では得られないものです。
このBaloon Slickyは、当然ホワイトリボン(タイヤの横が白い)も用意しており、これがまたレトロで憎い!!



Baloon Slickyタイヤはアメリカでも、まだ数社が採用しているのみで、採用されているモデルも上級モデルばかりです。しかしRainbowではPCH101のモデルにほぼ標準採用しています。


残念なことに、日本ではまだまだクルーザーバイクは一般的ではありません。ゆえにこういったスペック変更をすると、付きまとう「以前のタイヤはありますか?」というご質問をお受けします。
ご安心ください。26x2.125もしっかり在庫していますし、新しいBaloon Slicky 26x2.50もしっかり積んでいます。


皆さんも、世界の最先端のクルーザーバイクの楽しさをBaloon Slickyで味わってみませんか。


Rainbow/J