2011インターバイクレポート・後編です。

 2週続けてご案内したコースターブレーキの合法性についてのお話もようやく鎮静化に向かい始めました。いまだに、現場には混乱も残るものの今後は収束に向かうものと思われます。



さてさて、気分を取り直してインターバイクレポートの後編に行きたいと思います。世界の自転車ビジネスの中での位置づけはさておいても、やはりインターバイクはアメリカンバイクの祭典であることは疑いようの無い事実です。アメリカンバイク即ち
MTBBMX、クルーザーの質、量ともに目を見張るものがあります。日本では、ロードバイクや折り畳み車で有名なブランドでも本国ではこういったラインナップをそろえていることが珍しくありません。それだけにクルーザーバイクに関わる仕事をしている身の上としては大変勉強になります。


まずは、我らがGary Silva率いる3G Bikes
です。

こちら、新モデルのSanta Cruzレディスモデル。クリームのBoaG履いてますね。当然Roxie
よりも、大柄です。

407


26
インチのアルミフレームNew Port
。前ブレーキの無い北米仕様です。このカラー「グラファイト」いいですね。

408


おなじみの
Santa Cruz
ワイドリム仕様。フロントブレーキが無いのですっきりして見えます。その分、メカニカルな感じがしなくなっていますね。





3G Bikes
で最も目を引いたのは、このトライク。乗ってみましたが、結構乗りやすくてびっくり。メインフレームにアルミを使い、重くなりがちなトライクを軽く仕上げているところが3G Bikesらしいですね。タイヤは24x3.45HoggyG
を履いています。

trike1

北米でも、トライクはお年寄り向けのマーケットが中心となるそうですが、「こんな面白いもの、爺さんだけじゃもったいないと思ってさ」とGary
談。

前から見ると、ぶっといタイヤが超クール
!!

trike2


と、今年はブースが大きくなった3G BikesGary渾身の新商品GnarlyThe City Bikeは残念ながらショーに間に合わず、Gary
はがっかりしていましたが、ブースは盛況でした。



もうひとつ、注目のブランドをご紹介します。

Huntington Beach Bicycle Companyハンティントンビーチ バイシクル カンパニー略してHBBC
と言います。

HBBC1


オーナーのJason Hilbertとは、HBBC
黎明期からの付き合いです。名前の通り、ハンティントンのローカルブランドです。数年前までハンティントンのアンダーグラウンドなカルチャーでぬくぬくとやっていましたが、一昨年からインターバイクに出展をし始め、一気に頭角を現し始めました。独特のセンスでクルーザー界を煙に巻いています。

HBBC2

ブースは「HBBC/他の連中(The Other Guys)」と言うテーマ一色です。このポスターが面白い
!
ともすれば大人しくなりがちなクルーザーブランドにあって、あえてアドレナリン全開な、ディストーションバリバリな、血管浮き出てるな感のハードコアなブランド像を築いています。カッコいい
!!!

HBBC3

「Ride With Us」俺たちと行こうぜ、と言うメッセージも超クール!!

HBBC4

発表します。

このHBBC
は来春から弊社にて日本の皆様にご紹介できる運びとなりました。
詳細は、まだ決定していませんが、来春からHBBCを弊社のラインナップに加えることとなりました。Jasonと約束しましたので間違いないです。

HBBC
の本国ウエブサイトは
http://www.hbbcinc.com/ にて、ご覧いただけます。
Check it out!


J / Rainbow

もう一度、「コースターブレーキのビーチクルーザーは違法ではありません」

先週、こちらでご案内したコースターブレーキの合法性について、たくさんの皆様から大きな反響をいただきました。多くは、弊社のお取り扱い店の方から、「お客様が警察にとがめられて困っている」と言う内容でした。中には、弊社品ではないけれども警察に説明しても理解を得られなくて困っている、と言う方もいらっしゃいました。

そこで、警視庁の交通相談課に電話して問い合わせてみました。たまたま、お取扱店さまから、「調布のほうの方が警察にとがめられて、警察署に自転車を持ち込んで説明しても理解を得られなくて困っている」というご相談を頂いたので、警視庁はどういう指導を所轄にしているものか、確認のため電話で問い合わせてみました。


色々、あっちこっち電話してようやくたどり着いたのは「警視庁交通相談課」と言うセクションでした。女性の警察官の方と話しました。


まず、当方の質問
「コースターブレーキは日本工業規格に認定されたれっきとした制動装置ですが、それをノーブレーキと現場の警察官の方が言っている場合があるようですが、どうなんですか?

K

「こちらでも、コースターブレーキは制動装置の一種として認識しており、所轄へもその旨指導しています。」

R
質問
「しかし、現実にコースターブレーキで切符切られそうになった事例が出ているのですが、なぜそういうことが起こるのですか?

K

「なるべく全ての警察官が正しく指導取締りできるよう指導をしているが、中には不勉強なものもいるので、わかっていないのではないかと思います。」

R
質問
「その不勉強な一部の警察官のおかげでとても迷惑しているのですが、コースターブレーキは認定された制動装置で合法であると言うステイトメントをそちらから正式に出してもらえませんか?

K
「その制動装置が認定できるかどうかは日本工業規格の事業であり、警視庁はそれに従っているだけなのでできません。」

R
質問
「しかし、現実に現場の警官もユーザーも混乱しているわけで、きちんと対処してもらいたい。」

K

「今後も所轄への指導を徹底していくよう努力いたします。」

R
質問
「しかし、実際にトラブルになっている案件はどうしたらよいか
?」

K

「現場の警察官の名前、該当の所轄をこちらにお知らせください。こちらで指導いたします。」


とのことでした。

しかし、「一部の不勉強な警察官のために、こちらは大きな迷惑を被っています。まずもって、「取締りをする警察官が良くわかっていない」と言うのはどういうことか、と思わざるを得ません。これで法治国家と言えるのか、不思議です。



これをご覧になられた方で、今後、コースターブレーキのビーチクルーザーに乗って警察にとがめられた方は弊社宛ご連絡ください。その際は必ず、「警察官の名前、所属する所轄(警察署)」をあわせてお知らせください。


J / Rainbow

コースターブレーキは違法ではありません!!

本来であれば、先日行って来たインターバイクレポートのパート2にしようと思っていたのですが、
巷を騒がすあの事件のため、複数のお問い合わせが弊社に舞い込んで降りますので、今回はそちらのお話をさせていただきます。



件の事件というのは、「お笑い芸人の方が東京都内でブレーキのない自転車で走行したことで書類送検された」との報道です。
これは、かなり多くのメディアが取り上げていました。乗っていたのが「ピスト」と呼ばれる競輪のトラック競技用の自転車であったことも報道されています。



この報道に驚いて、「この後輪にブレーキが無さそうなビーチクルーザーはどうなんだ?!」ってなことになっちゃってるようです。
で、弊社にご連絡を頂き「公式にステイトメントを出してほしい」とのご依頼を複数の方からいただいております。というわけで、販売店様にはそのための文書をご用意いたしました。



わかっている方にはいまさら言うまでもない話ですが、コースターブレーキは「ブレーキ」であってなんら違法なものではありません。


5122


そもそも、わが国の道路交通法には自転車に関して「必ず時速10キロメートルで走行中3メートル以内で停止できる制動装置を前後輪に備えること」という規定があります。
この「前後輪に」というのが味噌ですね。件の事件となったピストバイクは基本的にブレーキがついていません。一般的に自転車は後ハブの中に「フリー」と呼ばれる部品が入っており、ペダルをこぐことを中断しても後輪が回り続けるようにできています。しかし、ピストバイクはここが直結になっており「ペダル停止=車両停止」という構造になっています。動いている限りこぎ続ける、競技車ならではの構造です。走行中にペダルを押さえ込むように踏み込めば理論上ブレーキをかけたのと同等の作用が生じますが、機構上ブレーキがついているとはいえません。
しかし、昨今のピストブームで、このピストバイクを公道で乗る人たちが出てきました。当然、事故につながることもあったようで、東京では昨年初めころからブレーキのついてない自転車を警察が取り締まっていました。
このような状況の中、今回の事件が報道されたわけです。



ひるがえって、私共のビーチクルーザーは日本工業規格(JIS)に合格しています。
私共は日本の自転車文化の中でビーチクルーザーの地位をしっかりと根付かせていきたいと心から願っており、これまでともすれば輪業店さんが敬遠しがちであったビーチクルーザーを普通に取り扱える環境を整えることも私共の責務であると考えています。
その上で、自転車の専門店の方が安心して販売できる車両としてJIS規格を通しています。当然、日本工業規格の中にコースターブレーキについても規定があります。つまり、ブレーキとして正式に認定されているのです。

現代では、コースターブレーキはビーチクルーザーにしか見られない独特の仕組みですが、自転車の黎明期には実用車のブレーキとして一般的に使われていました。そういう歴史的背景もあって、コースターブレーキはしっかりと認定されているのです。


今回の報道をご覧になって、「どうなんだろう?」と思われた方も多いことと思います。大丈夫です、だらだら走りましょう。


J / Rainbow

InterBike Expoインターバイクエキスポに行ってきました

 全国のクルーザーファンの皆様だらだら走っていますか。なんとも長い夏で9月になっても衰えることなく暑かったです。しかし、いよいよ秋の足音も聞こえてきました。


そんな中、例年通りこの時期に行われる「ラスベガスショー」こと、InterBike Expoに行ってきました。
現在では世界の4大ショーと言われる自転車の展示会がありまして。早い順に台北サイクル、上海サイクル、ユーロバイク、と来て最後にこのインターバイクが開催されます。最近では、中でもユーロバイクの地位が向上しています。インターバイクはまあまあってとこでしょうか。
とはいえクルーザーを含むアメリカンバイクは、なんといってもここでしか見られないものが多いです。というわけで、まだまだ色々と見所も多いです。また、この時に合わせて新商品を投入するブランドも多く、やはり見逃せないものがあります。

また、アメリカの自転車業界の面々が一同に会するため、色々と情報を集めるにも助かります。各ブランドの現在の力関係なんかもわかったりして興味深いですね。かく言う弊社もElectraの代理店となり、相変わらず元気な3G Bikesと共にインターバイクが重要なターニングポイントとなっております。

今年は、私共で新規に販売を開始するWeehoo という子供を乗せるトレーラー(牽引車)の会社の皆さんとも初顔合わせとなりました。このWeehooは、アメリカの自転車業界で今年のベストヒットプロダクトに選ばれた商品です。非常に革新的なデザインで、現在アメリカでバカ売れしているようです。

さて、そんなインターバイクですが、今回はElectraのブースと商品のご紹介をさせていただこうと思います。
そのElectraのブースですが、これでもかというくらい人が入っていて、なかなか写真が取れなくて弱りました。大盛況です。ブースに入りきれない人たちが回りの通路にあふれかえっていてひんしゅくを買っていました。。。やはり、Electraはすごいです。

まずは、新シリーズのVerseから。

0438

さすがに新シリーズのバースの展示は力が入っていました。ほぼ全部並んでいます。

こちらはTicinoとAmsterdamのコーナー。

0437



手前はAmsterdam新色のClassic3iのグリーンです。

0432



2012年新モデルの目玉の一つCruiser1Customです。まもなく日本にも入荷します、楽しみですね。

0410


上級クルーザーと用品のコーナー。今期から用品コーナーが大充実、Tシャツやソックスなんかも仲間入りして大変なことになっています。

0436


「うーむ」とうなならされた一台、Cherry20です。奥に見えるのは原型となった大人版のCherry。このCherry20は、年明けに入荷する運びとなりました。

0419


「おじさん、Cherryでなに思う」の図。

0416





とまあ、盛りだくさんな内容でした。そのElectraの入荷状況ですが、まもなくCruiser1, Cruiser7D, Cruiser1 Customが入荷となります。予定より若干遅れていますが、最速10月7−8日の週末に間に合いそうです。
気になる方は、ぜひ店頭にてご確認をお願いいたします。



 

と、今回はElectraブースを中心にインターバイクレポート第一回としました。まだまだネタを用意してますので、お楽しみに。



J / Rainbow

 

Rainbow Type Xのココロ

 全国のクルーザーファンの皆様、だらだら走ってますか。じっとりと暑い日が続いてます。まだまだ短パンにTシャツが基本です。クルーザーにぴったしですよね。


さて、おかげさまで先週お知らせしたRainbowの新シリーズTypeXは、大好評をいただいておりうれしい限りです。
今回はそのTypeXの魅力を、もう少し掘り起こしてご紹介したいと思います。


TypeX Logo


前回お伝えしたようにTypeXでは、新しいクルーザーの魅力を引き出すことを命題にしていました。
私共がPCH101シリーズで大切にしているオーセンティックな美しいクルーザーバイクの魅力、それはある意味永遠のものであると信じています。
しかし、それだけがクルーザーの魅力であるはずがなく、コンテンポラリーなファッションとシンクロしたクルーザーも、刺激的でカッコよいのです。
TypeXで私達が表現したかったのは、そういうカッコ良さであります。さらに「カッコ良さは必ずしもお金がかかるものではない」ということも併せ持たせたかったのです。


BKxORG Side



この価値観は、湘南のサーフィンカルチャーを形成する重要な要素のひとつであるともいうことができます。
日本の一地方都市である湘南エリアは、独特のカルチャーを醸成しています。今も昔もコアなサーファーは「リッチ」とは縁遠い存在です。波にあわせて生活しているのだから、ある意味当然とも言えます。しかし彼らは昔から、なぜかファッションのセンスが非常に鋭っていました。
こうしたサーフィンカルチャーが、湘南のおおらかな土着文化と融合したのが、現在の湘南カルチャーであると思います。私共Rainbowが生まれ育った地でもあります。

TypeXでは、サーフィンでの使用を十分に考慮してデザインしました。たとえば、サーフボードキャリアST03の取り付けやすさであるとか、砂に強いハブブレーキの採用などです。PCH101シリーズでもそうですが、こういった「波乗仕様」は、案外一般の使用でも役立つものであったりします。


BKxGRN Side



また、これも重要なことですが、TypeXは「匿名性」を持たせました。これは、個性を主張するオーナーが所有する場合のことを考え、できるだけブランドの主張を小さくしたということです。デカールはトップチューブにちょこんとあるだけ。しかも、剥がせるようになっています。これを剥がして、好みのステッカーを貼ってしまえば「マイオンリーバイク」の完成です。これは、「ブランドのネームを前面に押し出すのではなく、乗る人の個性を押し出していく」というTypeXならでは思想に基いています。ある意味でTypeXはカスタムのベース車両のような存在であるということです。


BKxBLU Side


自転車カルチャーが浸透し来つつある昨今、従来のような「乗れればなんでも良い」という世の中から、「自転車も個性を謳う時代」に突入しております。
ファッションにおいて「特別目立ちたいわけではないが、人と同じは嫌だ」と思う人が多いように、自転車も個性を主張し始めるわけです。
これが自転車の個性化の始まりであり、カスタマイズの源泉であると思います。TypeXの一見、何の変哲もなさそうな感じは、所有する人のセンスを盛りこむベースとなるわけです。

ブランドとしてのRainbowのネームが小さく残っているのは、私共が品質に持つ自信と誇りであります。TypeXは、新しいRainbowのカオであり、オーナーの自己表現の一部でもあるわけですが、同時に技術と思想をしっかりと持った一流の自転車である、と小さく主張しているわけです。その上で「新しいRinbowのカオ」たるべく、まったく新しいロゴを用意しました。


BKxPK Side



各部を見ても、細かく感じていただけることと思います。たとえばショートフェンダー、熱処理されたワンピースクランク、フラットなペダルなど、クルーザーバイクの昔と今をよく考えてデザインしています。
乗りやすく、いじりやすい。価格を意識して、豪華な装備は排除しました。だから、シンプルでクール。



WHxRD Side


現在、弊社内ではTypeXの時期ロットに関して議論されています。まず、レディスモデルを出すべきか。また、スペックは、価格は、今のままで良いのか。
あらゆる可能性を検討し、TypeXの世界を広げていこうと思います。



J / Rainbow

Rainbow 待望の新シリーズ"Type X" 新登場!!


全国のクルーザーファンの皆様、だらだら走ってますか? 
夏も後半に入りましたが、まだまだ暑い! エアコンなし会社は連日蒸し風呂状態です。というわけで依然、快調にかっ飛ばしています。
さて、そんな中、遂に待望の新作が入荷しました。名付けて"Type X"です。

本来の計画では5月終わりにデビューする予定だったのですが、予定していた工場が自転車の生産をやめてしまい、新たに工場の選定からしなおしになったりして、ものすごく時間がかかりました。

このType Xに込める思いは「まったく新しいRainbowのカオ」です。そもそも、「シンプルで手頃なクルーザーをつくろう」から始まったPirates Bikesのプロジェクト。このフレームデザインが、「シンプルで新しい」造形美だったので、このフレームのよさを生かして新しい空気を持ったクルーザーをリリースしようということになったのです。

まずは、写真をご覧ください。

GRN F

今回は「カラーが命」なプロジェクトゆえ、いきなり5色まとめてデビューです。上の写真はマットブラックにライムグリーンです。



ORG F

こちらはマットブラックにオレンジ。



BLU R

そして、マットブラックにブルー。個人的に気に入ってます。「ゴーストバイク」っぽいでしょ。



PK F

さらに定番のマットブラックにピンク


WH F

最後はグロスホワイトにレッドです。レッドは敢えてメタリックでちょっと渋めにしました。


カラーリムのクルーザーで新しいことをやろうとType Xを企画しました。当然、技術的にも何か新奇性を取り入れたかったので、フロントにサーボブレーキを採用しました。
このブレーキにしたのは、カラーリムをいつまでも美しく保つためです。ハブブレーキはシマノ製のローラーブレーキが一般的ですが、めったに見ないサーボを採用しました。

X brake

ローラーとの最大の違いはハウジングの大きさでしょうか。でかいです。これでは、一般車には受けないでしょうね。しかし、クルーザーに装着するとマッチョでかっこよいです。
作りも電動スクーターでの使用に耐えられるように、かなり頑丈にできています。ケーブルがハブまで来ているのが目に新しいですね。

Type Xでは、従来のRainbowとは一線を画するクルーザーを標榜していますので、Rainbowのロゴも新しく作りました。
今までのRainbowとは違う、でもRainbowのクオリティと思想をしっかり持った新しいクルーザーとして誕生です。





さて、今回入荷のRainbow Type Xの気になるお値段ですが、
なんと。。。
23100円 (税込み)
です。


クルーザーの買い替えをご検討中の皆さん、ぜひ店頭でご覧ください。Type Xの新しさを感じていただけるものと思います。

J / Rainbow

レインボープロダクツジャパン 人事募集のお知らせ

 あなたもレインボープロダクツで働いてみませんか?
レインボープロダクツジャパンでは、パートタイム・アルバイトを募集しています。

現在私共では、自転車ブランドRainbow、Electra、3G Bikesならびに自転車用品SweetskinZ、Weehooを展開しています。また、サーフィングッズのRainbow Racksも弊社オリジナル商品です。
事業として独自商品の開発販売と、海外ブランド品の日本国内での輸入代理店業務を並行して行っております。事業拡大に伴い、私共に参加していただく方を募集することとなりました。

今回の募集職は、
〇務系パートタイム
∩匕貌盧邏肇▲襯丱ぅ
の2職種です。

それぞれの主な職務内容は、
 ̄超隼務、電話対応、メール対応などが中心です。

∩匕貌盻于拑邏箸中心です。

小さな会社ですからいろいろな仕事が待っていると思ってください。また、本人の希望があればどんどん新しい仕事にチャレンジしてもらいたいと思います。
今回は基本的にパート・アルバイトの募集ですが、本人の能力・希望によって社員登用に関しても積極的であると思っていただいてよいかと思います。

募集資格ですが、「高校卒業以上」だけです。年齢・性別は問いません。職務遂行上、必要と思われる資格・能力は必要に応じて取得していけるものと思います。



最後に、応募をご検討の方にメッセージを。

「正直、毎日忙しいです。やることは無限にあります。できることは有限です。でも、みんな楽しく働いています。スタッフ全員が参加して、みんなが知恵と力を出し合って会社が大きくなっていっていく実感があります。全員が平等に意見を出せる空気があり、出した意見がどんどん会社に反映されていきます。だから楽しい。
待っていても何も始まらない、まずは行動を起こしましょう。皆さんのご応募をお待ちしております。」


J / Rainbow

3G Bikes ウエブサイト、オープンしました!

全国のクルーザーファンの皆様、だらだら走ってますか。
いい感じに暑い日が続いております。今週末は天気も悪くないです。湘南はここ数日、ずーっと波があります。こんなに波が続いたのは数年ぶり?くらいの話ですね。
 
さて、そんな暑い夏真っ盛りですが、いよいよ3G Bikesの日本サイトをオープンしました。
URLは
となります。
 
3G Jp web
 
まだまだ、とりあえず必要最低限の情報しか載せられていませんが、今後様々な情報を載せて行きたいと思います。特に、最近オーナーのGary Silva 氏がハマっているYouTubeの動画情報とか、ライダーのライディング動画とか、Rainbowとは明確に違う3G Bikesワールドの魅力をお伝えしていきたいと考えております。
ぜひ、定期的にチェックしてみてください。
 
J / Rainbow

Bike Dealer Campへ参加しにSalt Lake Cityへ行ってきました。

全国のクルーザーファンの皆様、だらだら走ってますか。あのキョーレツな暑さだった7月前半をクリアして、一転戻り梅雨のような陽気です。雨の合間をだらだらクルーザーで散歩なんて良いかもですね。
 
さて、7月26日からユタ州のソルトレイクシティで開催されたBike Dealer Campという展示会に行ってきました。この展示会は、昨年から始まった新しいもので、試乗を中心とした業界向けの新しいスタイルの展示会です。
 
BDC outlook
会場風景
 
こんな感じで、スキー場の前の大きな駐車場に各々テントを立てて展示しています。で、置いてある自転車に乗って試せるようになっています。MTBのコースはスキーのゲレンデの中を走れるようになってました。ロードは「適当にその辺走ってきて」とか、ものすごくアバウトです。会場のレイアウトもかなり大きな駐車場を使っているので、会場内だけでも十分に試乗できるのですが。。。

BDC booth outline
 
申し遅れましたが、弊社はこの夏からElectraの輸入代理店となりました。今回のDealer CampはElectraも参加しています。
 
 
2012新モデルとなるVerseをガッツリ展示しています。良い機会なのでElectraの全モデルを片っ端から乗り倒してきました。詳しいインプレッションは後日に譲りますが、いやはや、どれもホントよくできています。「見てよし、乗ってよし」です。

BDC verse
Bike Dealer Campは好評の内に幕を閉じました。来年が楽しみですね。

 
J / Rainbow

UNICEFから感謝状を頂戴いたしました

感謝状

3月の震災を経て、小社にも何か出ることはないかとの思いを持っておりましたが、去る6月の初め、ひょんなことから宮城県の子供たちに自転車を届けようと企画に参加することができました。弊社からは3名が参加して、現地の中学生が学校に通うための自転車を組み立て調整してきました。これは、国連の機関のひとつであるUNICEFが企画したもので、私共は微力ながらお手伝いさせていただいただけであります。しかしながら、大変立派な感謝状を頂いてただただ恐縮するばかりであります。
 
現場風景
当日の作業風景

今回の機会を下さったアバンテックのSさんに深く感謝いたします。小社として、少しでもお役に立てたことを大変嬉しく思います。今後も機会があれば、どんどん参加して行こうと思います。
 
J / Rainbow