ついに登場! Bronx 4.0 すごいです!!

全国のクルーザーファンの皆様いかがお過ごしでしょうか。いい感じに夏らしい毎日が続いておりますね。

さて、前回プレご紹介して、相変わらずの大反響を頂いております新型Bronxですが、ついに入荷しました。と言うか、自分が出張でいないあいだに入荷してました。。。すいません、担当者猛反省です。
すでに、お取扱店の皆様が「入荷した、すごいよ!!」的な発言をブログ等々でアップして頂いており、これをお読みの方々の中には、「Rainbow、今頃こんなこと言ってるよ」と思われるかもしれませんが、ここはひとつ、メーカー公式ブログならではな細かいところまで語りましょう。

まず、今回入荷のBronxスタジオ写真。



そもそも、我々がこのモデルに着手するきっかけとなったのは、2011年のInterBike Expoです。この年、Surlyが3G BikesのタイヤHoggyG 24x3.45を採用した名車”1x1”から発展したモデルをいくつも出してきました。タイヤも自社開発になり、とんでもなく太いリムを履いて一躍大注目されていました。ちょうど同じ年にSalsa Cycleなどからもファットバイクが出てきて、北米市場でのムーブメントの萌芽を見て取れました。で、我々も「これは、うちでもやってみよう」と開発に着手しました。

開発の核となるのは、まずタイヤです。弊社は3G Bikesの日本代理店でもありますから、3Gのタイヤを使用してBMXベースの自転車を作る方向で動き出しました。当時も取り扱いしていた3G BikesのSanta CruzモデルやPuckなどファットなクルーザーの取り扱い経験から、クルーザーモデルで3G Bikesと競合することなく、乗って楽しく見た目にもかっこよいもの、かつSurly やsalsaとも違う解釈でファットバイクを作ろうと言うことになりました。それゆえBMXベースと言う結論なわけです。
BMXフレームの良いところは、なんと言ってもフレーム自体の頑丈さがあります。



ファットバイクはタイヤの太さゆえ、路面とのトラクションが強烈で、しかもタイヤの重量がハンパなく重いため、想像を超える負荷がフレームにかかります。この負荷を受け止めるフレームベースとしてはBMXスタイルが理想的であると考えました。フレームのチューブサイズもかなり太いものを使用しています。見た目的に細く見えますが、タイヤが太すぎるため、比較として細く見えてしまうのです。
タイヤの選択肢は多くありませんでした。当初、3G BikesのBoaG 26x3.45で進めていましたが、色々あって最終的に今回採用した26x4.0で行くことにしました。
タイヤが決定すれば、次はリムです。開発段階ではSanta Cruzに使われている3インチリムが濃厚でしたが、最終的に信頼できるリムメーカーから4インチのリムがリリースされたため飛びつきました。この自転車の、このすごい迫力はこのリムに拠るところが大きいです。



ブレーキについては、最後まで悩みどころでした。前ブレーキのディスクは、実績もあり異論の出ないところです。しかし、後輪についてはディスクか、コースターか、はたまた前後Vブレーキか、と様々な意見が出ました。最終的に、信頼性とシンプルな構造に魅力を感じてコースターを採用しました。結果的に「シングルスピードのコースター」と言う弊社では非常に扱いなれた仕様に落ち着いたわけです。
今回採用したフロントのディスクブレーキはかなり調子良いです。組み立て時もビシッと位置が出て、良い感じですね。


ハンドルバーはMTB用のライズの大きくないものを採用しました。輪径が強烈に大きいのであまり高くするとサドル低く設定したときに遠くなりすぎるためです。幅はこれでも640mmあります。タイヤのボリュームがありすぎて、何もかも小さく細く見えてしまいますね。当然、ステムもBMX用のヘッドを使っています。かなり頑丈で、ハンドルバーをがっしり掴んでくれます。





サドルはBMXのサドルとしました。元来小さめなBMXのサドルですから、でかい自転車にあってかなり小さく見えますね。しかし意外と肉があるので乗ってみると楽だったりします。
スタンドはポイントの一つですね。センター付けのスタンドではたよりなかったため、チェーンステーにブラケットを溶接するタイプのスタンドを採用しました。しかし、将来の交換も考えてセンターのブリッジも取り付けておきました。




色々と説明しましたが、出来上がった自転車を見ると、全部どうでも良いことのように思えてしまうから不思議です。それほど、ぶっといタイヤの存在感は大きなものです。

この自転車でどう遊ぶか? それは皆さんが考えてください。カスタムも楽しいです。ただ単に太いタイヤの自転車に乗りたい、ってのも大いにアリだと思います。

まずは店頭でそのボリューム感をご確認下さい。

Rainbow / J
 

アツい! アツすぎる!! ファットバイクBronxに話題沸騰中!!!

全国のクルーザーファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか。今年は、いまいちアツくならなかったのですが、いきなり来ましたですね。

さて、先ごろ弊社の取扱店様専用ウェブサイトにてご案内したところ、とんでもない反響が返ってきてRainbow一同仰天している自転車があります。



Bronxファットモデルです。工場でサンプルを組み立てた写真ですから、ちょっと見難いのですが写真で見ると、こんな感じです。


タイヤサイズは、なんと26x4.0! ハンパ無く太いです。フレームベースはBMXのスタイルを踏襲しました。 ブレーキは前がディスク、後ろはコースターブレーキです。自転車について、詳しいことは入荷してからにします。予定価格は39900円(税込み)です。




しかし、今から楽しみにしていただきたいのは、この自転車の遊び方です。





これは他社品ですから、まったく同じではないですが、こういう遊び方ができるようですね。


Mongoose Beast Bicycle from AK Powderhound on Vimeo.

http://vimeo.com/62973767



こんなことも。

http://youtu.be/0MjYK0DzrqM


おおーっと、失敗。ファットバイクと言えど、水には浮きません。


http://youtu.be/pvPjgB9YuD4

 

弊社のBronxは前にブレーキが付いていますから、当たり前ですがもっとコントロールしやすいです。




いやはやなんとも楽しみですね。価格が手ごろなので、ベース車としてももってこいです。高級車では、「川に突っ込んでみよう」とは普通思わないでしょ。(思う人もいるけど)


海岸で乗ってる動画もありました。かなりギア比を下げてアタックしてますね。今回入荷のBronxは、コースターブレーキ仕様なので弊社で在庫しているCOG(後ろのギア板)がそのまま使えます。状況に合わせて選びたいですね。


などなど、遊び方は無限な乗り物です、Bronx。写真は、マットブラックのフレームにブラックリム。他にマットグレーのフレームにホワイトのリムを組んだものも用意しました。



弊社入荷は7月17日を予定。今から予約しておけば、誰よりも早く、チャレンジ動画をアップできるかも?!



Rainbow / J

700c!! TypeX Rapid デビューしました。

 全国のクルーザーファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか。ここ湘南のRainbowベースもよい感じに夏っぽくなってきました。


昨夏の後半以降、Rainbowベースは急展開を迎え、全員へろへろになっております。まずもってして取扱いブランドが増えて商品がドバドバ入ってきて、気が遠くなりそうです。


しかし、新しいモノに貪欲なRainbowは、今期も色々やってますよー。その中でも出色のモデルをご紹介します。TypeX Rapidです。


一昨年リリースしたTypeXシリーズは、今期も好評を博しております。PCH101のシリーズとは明らかに違う、新しい顔を持ったRainbowです。今回ご紹介のTypeX Rapidはその上級モデルです。まずは写真でご覧ください。




一見すると、なんだかよく分からないですね。Rapidはスクランブラーというカテゴリーの自転車です。「スクランブラー」とは、オンロードを改造してオフロードもいけるようにしたものです。これが、都会をかっ飛ばすのにすごく良いんです。


まず、タイヤは700x45cです。圧倒的に転がり抵抗が少ないので、距離を出すには700が有利です。しかし、簡単にパンクする細いタイヤはタフに走る自転車に向いていません。というわけで、45という太目のタイヤをチョイスしました。結果的に、Rainbowらしいマッチョな表情が出ました。



都会を制覇するのにギアは必須です。RapidにはMicroshift社製の7段ディレーラーをチョイスしました。精度も高く、使いやすいです。
さらに、ブレーキは前後ディスクとしました。ものすごく止ります。デザインのアクセントにもなっているリムの美しさを強調するにも一役買っています。



ハンドルバーはBMXベースです。ここが重要なんですが、アップライトなポジションは前方視界が良いので、ヤバイ状況に強いんです。ドロップなど前傾の強いハンドルバーはペダルを踏みやすいですが、当然前方視界が犠牲になります。「先の状況を読む」ことが、踏力よりも速く走るために要求される状況では、このハンドルバーの選択になりました。



サドルはMTBタイプです。アップライトなポジションで、どかっと座っても楽な上に、こぎやすく細くできています。毎日、距離を出すことを念頭に考えるとMTBのサドルは実に使い勝手が良いです。



気になるカラー展開は3色。全てフレームカラーはマットブラックです。リムのカラーはアノダイズ/染色を使っています。塗装と違った高級感がありますね。











TypeX Rapidのお値段は39900円。誰よりも早く、誰よりも遠くへ。Rainbowの自信作です。


Rainbow / J